愛知県警 人事異動 平成26年3月24日 発令   

2014年 03月 21日

平成26年03月19日
愛知県警 人事異動
(24日付)
http://policeofficer.seesaa.net/article/391909739.html

【警視正】

警備部長(名古屋市警察部長兼警務部参事官)中根健

中署長(警備部長)伊藤敏男


【任警視正】

警務部参事官兼首席監察官(警備部参事官兼災害対策課長)大江英生


【警視】

警備部参事官(安城署長)横井昌樹

守山署長(警備部参事官)丸山茂久

警備部参事官兼警備課長(蟹江署長)岩田聖一

緑署副署長(警備課次長)鷲見敏彦

警備課次長(新城副署長)浅野義人

豊川署副署長(警備課管理官=実施担当)相馬健人

警備課管理官=実施担当(警備課調査官)岩井政博

碧南署副署長(警備課調査官)藤村洋一
会計課調査官(春日井警備課長)達山雄一

公安1課調査官=総合警備情報分析室長兼特殊組織犯罪対策室長兼サイバー攻撃特別捜査隊長(中警備課長)安藤彰芳

警備課調査官(警察庁)天野喜彦

警察庁へ(中部空港警備課長)中嶋洋一
中部管区警察局へ(豊橋警備課長)渡辺和永

警備課調査官(北警備課長)尾崎久恭

中署警備課長(警備課長補佐)平川宏幸

春日井署刑事課長(捜査3課長補佐)片桐正博▽春日井署警備課長(公安1課長補佐)山田俊樹
中部空港署警備課長(外事課長補佐)鈴木英樹
岡崎署警備課長(住民サービス課長補佐)高橋克佳
豊田署警備課長(外事課長補佐)杉浦宗敏
豊橋署交通課長(東三河運転免許センター所長補佐)桑名利幸▽豊橋署警備課長(警務課長補佐)星野宏和

警備部参事官兼警備課長、田中御代治

愛知署副署長(公安2課次長)鈴木克明

公安2課次長(警務課調査官)堀日出夫(元・中村署・警備課長)

公安2課管理官=警衛警護官(公安2課調査官=警衛警護官)小林修

外事課調査官=国際テロ対策室長(外事課調査官=外事遊撃隊長)安藤貴生(元・中署・警備課長)

災害対策課次長(中部管区警察局)青山政昭(元・中署・警備課長)

◆退職・退職予定【警視長】総務部長、神谷満寿穂▽生活安全部長、荒井正道【任警視長】地域部長、平松立信▽警察学校長、村瀬清文▽中署長、舘喜代孝

-----------------------------------------------

平成26年3月24日現在

国家公安委員会委員長 古屋 圭司

警察庁長官 米田壮 
米田 壮氏(よねだ・つよし=警察庁長官)76年(昭51年)東大法卒、警察庁へ。警視庁刑事部長、刑事局長、官房長、11年10月次長。兵庫県出身、60歳。 

警察庁警備局長 高橋清孝(前・警視庁副総監)
高橋 清孝氏(たかはし・きよたか=警備局長)80年(昭55年)東大法卒、警察庁へ。沖縄県警本部長、北海道警本部長、11年8月警視庁副総監。千葉県出身、55歳。

警察庁警備局公安課長 新美恭生(警視長)(前・富山県警本部長)
県警の新美本部長、離任会見
http://www.knb.ne.jp/news/detail/?sid=2311

愛知県警・本部長 木岡保雅(前・警察庁長官官房付)(警視監)平成26年1月22日
木岡保雅(きおか・やすまさ)82年東大法卒、同年4月警察庁採用、警察大学校教授、警察庁生活安全局少年課少年保護対策室長、文科省初等中等教育局児童生徒課長、京都府警察警務部長、三重県警本部長、長崎県警本部長、警察庁長官官房付、愛知県警本部長、広島県出身、約57歳
             ▽警察庁・総括審議官(前・愛知県警本部長)沖田芳樹▽

愛知県警・警備部長 中根健(警視正)(前・名古屋市警察部長兼警務部参事官)←(中部管区警察局総務監察部警務課長)←(外事課長)←(公安委員会執務官公安委員会室長事務取扱)

愛知県警・警備部警備課長 田中御代治(警視)

愛知県警・警備部公安2課長 佐治徳忠(警視)(前・公安委員会執務官)←(千種副署長)←(公安2課管理官・警衛警護官)←(警衛警護官)

中署長 伊藤敏男(警視正)(前・警備部長)←(地域部長)←(一宮署長)←(警務部参事官兼監察官)←(住民サービス課長)

中署・警備課長 平川宏幸(警視)(警備課長補佐)

中村署長 榊原光隆(警視正)(前・交通部長)←(豊田署長)

中村署・警備課長 井上洋一(警視)(前・公安1課長補佐)

東署長 緒方啓一(警視正)(前・交通捜査課長)←(高速道路交通警察隊長)←(交通指導課次長)←(交通指導課次長)←(交通総務課管理官・交通事故対策室長)←(1交通機動隊副隊長)

東署・警備課長 

港署長 神谷信広(前・総務部参事官兼総務課長、前々・公安2課長)(警視)
[PR]

# by jijitukankei | 2014-03-21 07:03

平成25年9月1日 国家公安委員会 警察庁 愛知県警   

2013年 09月 11日

平成25年9月1日 警察庁 愛知県警

国家公安委員会・委員長 古屋 圭司

警察庁長官 米田壮 

警察庁・警備局長 高橋清孝 

警察庁・公安課長 樹下尚 

愛知県警本部長 沖田芳樹

愛知県警・警備部長 伊藤敏男

愛知県警・警備部・公安二課長 佐治徳忠

愛知県警・中署長 舘喜代孝

愛知県警・中署・警備課長 安藤彰芳
[PR]

# by jijitukankei | 2013-09-11 22:55

「おやじ、死ぬぞ」と見ず知らずの男性に車両内から告知された   

2013年 04月 17日

おやじ、死ぬぞ」と見ず知らずの男性から車両内から告知された 平成25年 4月 17日

平成25年4月17日 18時50分頃日没後、名古屋市中区大須の西大須の交差点、スケートリンクの西向かい、支那料理店の前の歩道を電話をしながら歩いていると、伏見通りを南から北に走行している白のワンボックスカーから、何かこちらにものを言っているので、誰に言っているのだろうかということであたりを見渡すと私と南から北に向かって歩いている男性が一人いるくらいだった。

何かかなと思って、西大須の交差点の赤信号で停車している当該車両をもう一度改めて見ると、「おやじ、死ぬぞ」との発言をしてきた。

助手席には女性が乗っていたが、真っ直ぐ見たままだった。

男性は白っぽい服を着ており、年齢は20~30歳代

女性も白っぽい服装で、年齢は20~30歳代

伏見通りを南から北へ向けての走行で、西から二車線目に当該車両は存在していた。

信号が青に変わり当該車両は、北へ走行していった。

明らかな脅迫行為である。

死ぬぞ」との告知は、未来において、殺されるので、死ぬという意味を当然含んでいると考えられる。

今まで、5年間超に及んで、在日本支那大使館、駐名古屋支那領事館、華僑総会、駐名古屋アメリカ領事館、朝鮮総連中央本部、朝鮮総連愛知県本部、駐名古屋韓国領事館、韓国民団愛知県本部、等々への抗議活動を行ってきたが、このような直接的な脅迫行為はなかった。

いつもと違う状況として、愛知県警本部の広報大使にパチンコ台のキャラクターとなっている「SKE48」が任命されたことから、平成25年4月5日、沖田芳樹・愛知県警本部長に直接抗議したことがあげられる。
http://hirihoukenten11111.blog.fc2.com/blog-entry-2079.html

(パチンコとは・・・在日本の朝鮮民族がその権益を掌握する違法賭博。幼児蒸し焼き、パチンコ依存症、犯罪誘発、自殺、一家離散、破産、借金地獄、韓国民団による外国人参政権を始めとする対日工作資金の原資、北朝鮮の弾道ミサイル開発・核開発の原資、等々の実害があげられる)

また、在日本の朝鮮民族主導によると推察される直接的な日本民族に対する反日抗日行動が始まった時期もあげられる。

また、同日、駐名古屋支那総領事館に対して、日本国領土・尖閣諸島への侵犯行為に対して、抗議文を読み上げ投函したことがあげられる。

当該車両、助手席の女性が、運転席の男性が、私に「おやじ、死ぬぞ」と言った時に真っ直ぐ見ていたことは極めて不自然である。

何故なら、普通、右運転席の男性が、左歩道にいる者に向かってその様な脅迫文言を発言するなら、必ず、助手席の女性は歩道の私を見るはずである。

しかし、真っ直ぐ見ていたということは、ここを私が歩いているということを知って、ピンポイントで、脅迫文言を告知したと解するのが相当である。

偶発的なら、助手席の女性はこちらを必ず見るはずであるし、日没後で偶発的な当該脅迫事象は考えにくい。

また、日没後ということは、当該車両内の男女の顔が私からは認知されにくいという利点があげられる。

当該「おやじ、死ぬぞ」と脅迫してきた白ワンボックスカー、運転席男性、助手席女性、20~30歳代、両人とも白っぽい服装は、18時50分頃、南から北へ伏見通り、西大須の交差点を通過して走行しているので、西大須交差点の南北の前後で、Nシステムに克明に写っている筈である。

当該時刻が特定できたのは、「しのだ氏」に電話したが出なかった後、すぐに「しのだ氏」から携帯に着信があり、その通話中の出来事で、着信履歴の時間から特定できた。

 
(追記)
当該脅迫文言告知の上記事象は、同事象翌日平成25年4月18日、愛知県警本部・住民相談の藤井氏に氏名・生年月日・電話番号を告げ、仮に私が殺害されたなら、Nシステムに写っている白ワンボックスカーが、被疑者として捜査されるべきは当然であるから、その時は刑事課に言って、当該車両の男女を調べて下さいと電話で伝えた。
[PR]

# by jijitukankei | 2013-04-17 23:55

阿井地県警察本部を訪問   

2012年 03月 21日

駐名古屋シナ総領事館の警備態勢が急に変わって、抗議文を読み上げ、投函し、その場を離れるというように平成24年3月19日からなって、その時、強権的に気色ばんで排除されたので、何だこれは、シナ共産党から、何か言われたのかと思ったので、3月19日に非賀氏警察署・警備課に電話すると支場多警察官は「本部からの警備方針のため」との返答だったので、即座に阿井地県警察本部の警備部公安二課に電話すると、警備課と言われたので、阿井地県警察本部・警備部・警備課に電話すると尾地愛・警察官(非賀氏署→奈可無羅署→駐武空港の警察署→・・・阿井地県警本部・警備部・警備課)が電話に出て、駐名古屋シナ総領事館前に抗議は、抗議文読み上げ、投函のみというのは、「お願い」であると言っていた。

そこで、誰がこの警備方針の意思決定者なのか質問すると分からないということだったので、後、伺いますということで、平成24年3月21日、相地県警察本部を訪問した。

応対に来たのは、阿井地県警察本部・警備部・警備課・課長代理・庵堂警部と同課・間佐基警部補であった。

ロビーから西に右方向に入ったところの一番手前の4人掛けのテーブルに、東側北に私、向かいに間佐基警察官、その南側に庵堂警察官が座った(平成24年3月21日、11時24分)。


2012年03月21日愛知県警人事異動
http://policeofficer.seesaa.net/article/258923720.html
[PR]

# by jijitukankei | 2012-03-21 21:33

警察官による支払いは厳に避けるべき事象   

2012年 03月 19日

摩津弥摩(当時、阿井地県警・奈可署)→奈可値(当時、愛知県警・中署)→胡弥摩(当時、愛知県警奈可牟羅署)→弥摩賀(愛知県警・奈可署)と近づいてきた警察官がいたが、奈可値警察官でうんざりしたので取り合わなかったところ、今度は胡摩基警部補(阿井地県警本部)が近づいてきた。

ある時、デモが終わって胡摩基警部補が声を掛けてきたので、走ってその場を立ち去った。

名古屋にシナ大使・程永華が来た時、名古屋駅で程永華に抗議の声を挙げて、その後、名古屋キャッスルでの街宣に参加しているところで、胡摩基警部補が声を掛けてきた。

昼ご飯を食べようというので、あまり気が乗らなかったが、程永華が名古屋駅に来るまで、まあいいかということで、名古屋駅西口にスパゲッティー屋のようなホテル横の喫茶店に入った。

喫茶店に入って、右奥の方の席で、私が奥の右側の席、向かいに胡摩基警部補、その右隣に尾義乃巡査部長が座った。

私は780円のランチを注文し、胡摩基警部補、尾義乃巡査部長はスパゲッティーを注文した。

胡摩基警部補は「信用してくれ」との主旨のことを言い、質問してきた、「いつからこう言った考え(憂国の思想)なのか」等々。

私は「それは、奈可値さんに答えたことがありますが」といいながら、またかと思い返答した。

あと、何か質問してきたが、奈可値警察官が過去質問してきた事柄であったので、またこれかと思った。

私は奈可値警察官に面と向かって言われた「監視している。今何を考えているか知りたい。情報が欲しい」というとんでも発言のことをいうと「焦ったんだろう」と胡摩基警部補は言っていた。

食事を終え、食事代とコーヒー代金の会計となったが、胡摩基警部補は頑として、私の支払いを拒絶し、「信用してくれ」というような主旨のことを言って、胡摩基警部補が三名分の支払いをした。

その後、街宣現場で合ったが、相変わらず、奈可値警察官がしてきたような今までさんざん受けた質問の重複が顕著にみられたので、またか、人が変わって、何度も何度もまた同じことか、堂々巡りか、うんざり、辟易、ということで、食事代を早々に返そうということで、愛知県警本部の受付にお金を入れた封筒を持って行ったが、受け取りを拒否された。

平成24年3月8日、駐名古屋シナ総領事館に抗議に行ったときに、そうだと思い、その場にいた非賀氏署・奈井徒宇警部に1300円の入った封筒を渡したが、これは何かと聞かれたので、食事代でお金が1300円入っていると言い、よろしくお願いしますと告げ金銭の受け渡しを依頼した。

平成24年3月17日中小企業振興会館(名古屋市千種区)での街宣現場で胡摩基警部補が、1300円は多いということで、370円の返金を受けた。

過去、警察官にコーヒー代金、カイロ代金を所轄の受付に渡し返還しているが、わざわざ所轄等まで返済しにいくのは全く面倒なことである。

カイロを街宣の時に奈可牟羅署・胡弥摩警察官よりふとした間隙を突いてに差し入れされた時には、その後急に、喫茶店に行こうとしつこくなったので、なんだこれはということでカイロ代金を奈可牟羅警察署の受付に渡し返還した。

だいたい、何らかの食事等の支払いを警察官がすると、しつこく粘着してくるので、すぐに代金を返還しなければいけない。

警察官による食事等の支払いは厳に避けるべき事象であるとつくづく思う。

誰が、どういう命令をしているのかは分からないが、毎度毎度、人を変え、同じような手口、同じ質問、うんざりである。

しかし、警察官が1000円未満の小額を驕ったが最後、粘着極まりなく変容する様態はおぞましい限りである。
[PR]

# by jijitukankei | 2012-03-19 22:11